Top >  子供の成長と発達 >  赤ちゃんのことばと生活1「ことばの発達」

スポンサードリンク

赤ちゃんのことばと生活1「ことばの発達」

生まれて間もない赤ちゃんは、1日の大半を寝る・泣・お乳を飲む事で過ごしています。

月齢が上がるにつれ、起きている時間が増えていきます。生後1ヶ月前後の赤ちゃんが最初に発する「あ〜」という声。これを「喃語」と言います。

ことばの発達はこの頃から徐々に始まっています。2ヶ月頃になると笑い声を出すようになります。
3ヶ月頃には、声を出し、語るようになります。この頃から大人が見てもハッキリとわかるように、赤ちゃんも意志表示をするようになってくるのです。

そして4ヶ月頃には、自分も機嫌がいいと笑ったり、5ヶ月頃にはよくわからない母音のようなものを発するようになります。

7ヶ月から8ヶ月頃には、はっきりとパパ・ママなどがわかるようになります。
幼児前期になると子どもの言語活動は最も盛んになり、自分なりの言葉で一生懸命、何かを伝えようと努力するようになります。

1歳前後から多くの子供は、意味のあることばをしゃべり始めますが、最初に発する意味のあることば、これを「初語」と言います。
大半が、日常生活において密接に関係しているものが多く「まんま」「ママ」等の食事やいつも身近にいる母親を指すことばが初めてのことばとなりやすいのです。

1歳半頃になると運動能力がますます向上することで、行動の範囲もグッと広がってきます。その中で、物には名前があるということに気づき、様々な事に興味をもち始めるようになってきます。

トップページ  |  次の記事 赤ちゃんのことばと生活2「パパ・ママの語りかけ」  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育児日記−育児の悩み相談室−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。