Top >  子供の成長と発達 >  子供の食と欲求1「赤ちゃんが自分のペースで」

スポンサードリンク

子供の食と欲求1「赤ちゃんが自分のペースで」

命を支える大きな基盤は食に対する「欲求」です。
子供にうまくミルクを与える事ができない、授乳がうまく出来ない、等と言った事は、母親や保育者の悩みでもあり、また1番気にかかることでしょう。

大人と同じく、子供はお腹がすいたら欲求します。つまりお腹がすけば、自然に食べるという事です。
お腹がすいていることを母親や保育者が見極め、子供が欲した時にタイミングよく与えているか、よく考える必要があります。

もともと赤ちゃんは生まれながらにして、ミルクを飲む時の口の動きは身につけています。
ですが「食べる」という動作は学習する事によって、習得していきます。

唇が上下に閉じられると口と手が協調して動くこと、これが習得のポイントです。
多くの子供は1歳前後から自分で手づかみで食べはじめ、そのうちにスプーンが使えるようになります。

2歳前後からはフォークで食べることも多くなってきます。スプーンやフォークを使う際、まずは手のひら握りから始まります。次第に指先で握れるようになって、最終的には大人と同じように指先でつまむまでになります。

発達過程において、食べ方を習得するためには、赤ちゃんが自分のペースで、食べることの喜びや楽しさを感じることが大切です。

 <  前の記事 母親への愛着と相互作用2「母親に対する信頼」  |  トップページ  |  次の記事 子供の食と欲求2「一緒に食べる人がお手本」  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育児日記−育児の悩み相談室−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。