Top >  親と子供 >  母親への愛着と相互作用1「母子相互作用」

スポンサードリンク

母親への愛着と相互作用1「母子相互作用」

乳児が乳を吸う、しがみつく・後追い・泣く・笑う。これに対して、母親は子供にふれたり、声をかけたりする。このお互いのやりとりを母子相互作用といいます。

子どもは出生後、母親との相互作用を繰り返しながら、成長していきます。
生後4ヶ月くらいになると、母親と別の人の区別が出来るようになります。これが6ヶ月から8ヶ月にかけて特に強くなってきます。

母親が触れる事を好み、母親以外の人が自分に触れる事を嫌うのです。これを「人見知り」といいます。

子どもが母親との間に情愛的な結びつきを形成したと考えられていて、心理学ではこの結びつきを「愛着」と呼
んでいます。

愛着は心がの育ちや、積極性を培う上でとても大切なものになります。
親への愛着行動を通して、安らぎや楽しみ、人との関わりを十分に経験する事で、新しいことや変わったことを、ゆとりをもって受け入れられるようになり、他の人といろいろな事を共感することができるようになるのです。

また、安心することにより、どんなことにでも積極的に興味を持てるようになり、難しい極面にでも対処できるようなります。

母親の育児行動が、積極的に促されることによって、母子相互作用が次第に育ってきます。

そして、母親が赤ちゃんに喜びをあたえたり、赤ちゃんが母親に喜びをあたえたり、お互いに影響を受けあいながら共に成長していくのです。

 <  前の記事 赤ちゃんのことばと生活2「パパ・ママの語りかけ」  |  トップページ  |  次の記事 母親への愛着と相互作用2「母親に対する信頼」  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育児日記−育児の悩み相談室−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。