Top >  子供と対人関係 >  対人関係1「人間関係を築く大きな1歩」

スポンサードリンク

対人関係1「人間関係を築く大きな1歩」

乳幼児期の対人関係は、主に母親を中心としたものです。

歩行ができるようになり、視野が広がることで、少しずつ対人関係に変化があらわれます。1歳台の幼児は、家族や周りの大人に囲まれて、自分に注目してくれることを喜び好みます。

満1歳くらいになると、お友達と遊ぶ姿が見られるようになります。
他の友達に興味を持ち始め、またおもちゃ等を通して、子ども同士の関わりが少しずつ出来るようになってきます。

2歳児になると、同じくらいの友達に対して、一緒に遊びたいという気持ちが強くなり、簡単な遊びならお互いに相手が出来るようになってきます。
他の子どもの行動に関心を示し、他の子どもの真似をしてみたり、自分と相手への働きかけがとても活発になってきます。

しかしこの頃の幼児は自己中心であるため、他の子どもの立場や気持ちを理解するのはまだ困難といえます。
自分の欲求が通らなければ、相手の友達とけんかになってしまうことも多々あります。

けんかの原因には、おもちゃの奪い合いや自己主張などいろいろありますが、様子を見ながら大人が仲裁に入り、優しいことばがけで、相手の事を思いやる事を伝えていく事も大切になってきます。

この様な経験をすることで、どうしたら友達と楽しく付き合っていけるか、子どもなりに考えるいいきっかけとなります。
これが人間関係を築いていく大きな1歩となるのです。

 <  前の記事 人見知りと発達2「乳児の微笑反応」  |  トップページ  |  次の記事 対人関係2「思春期と友人関係」  > 

         

更新履歴

お気に入り

古本 買い取り 価格

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育児日記−育児の悩み相談室−」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。